2月9日 福岡太宰府「フランク・ロイド・ライト」セミナーに行って来ました

2月9日(日)
予報は晴れだったはずが、思いもよらぬ雪の中を(別府~湯布院間)太宰府へ

福岡県太宰府市の「オーガニックハウス博多」展示場で開催された

フランク・ロイド・ライト世界遺産登録に寄せて
「フランク・ロイド・ライトセミナー&世界で一番有名な照明タリアセン14作品展示」に行って来ました

YAMAGIWAが設計士やデザイナーとオマージュとして制作したタリアセン(フランク・ロイド・ライトデザインの照明)14作品がモデルハウス内に特別展示されており、全国的にも珍しい機会とのことでした。

第一部は、フランク・ロイド・ライト財団より日本で唯一住宅メーカーとして公式認定を受けているオーガニックハウスの担当者による「フランク・ロイド・ライトセミナー」。
セミナーでは、フランク・ロイド・ライトが手掛けた個人住宅に絞り込んだ内容で、とても興味深いものに。

フランク・ロイド・ライトの建築思想の説明の中で、広告表現やコンセプトワークに向けて特に印象に残ったワードを列挙すると

世界で一番居場所のある家
開放感と寛ぎ
自慢したくなるデザイン
時間を売る
100年先も住みたくなる
スティーブ・ジョブスも
木 石 土
オーダースーツのような身の丈にあったフィット感
(*あの謝罪ワードでの身の丈ではありませんから)
四次元・五次元・・・居心地
家と町、家の中と外、家の中の人と人 繋ぐ
家の寿命・・・飽きてしまうこと
陰の演出~陰が居場所を作る 居心地
デザインの本質・・・・・・・・

第二部は、YAMAGIWA担当者による
「フランク・ロイド・ライトデザインの照明について」

同じく、興味深いワードを・・・・
落水荘と浮世絵
光と影を楽しむ
チェロキーレッド
天井に写る
青 空と照明に採りいれる
メラトニン
一日の時間 光 眠り・・・・・・・

今回のタリアセン14作品を一堂に見られる機会は「初」とのことで、面白く有意義な2時間を過ごさせていただきました

最後に・・・・・
落水荘が分かりやすく紹介されている動画を・・・ご紹介

fallingwater house(落水荘)

YAMAGIWA タリアセン 伊東豊雄モデル

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です